酵素ドリンク 選び方

健康のため、ダイエットのため酵素ドリンクを摂りいれることに注目が浴びている中、その選び方に悩む人が多いと思います。
選び方のポイントを掴むことによって、効果が期待できる酵素ドリンクに出会うことができます。
このサイトでは酵素ドリンクの選び方についてそのポイントを発信していきます。

酵素ドリンクの選び方 迷っていませんか?

多くの酵素ドリンクが出回っている中、その選び方で悩んでいる人も多くいると思います。
値段も安いものから高いものまで色々、あまり安すぎると効き目があるのかな?と思うし、高すぎると続けることが出来ない。

酵素ドリンクの正しい選び方、大丈夫ですか?

酵素ドリンクの選び方はこの3つ

失敗しないためにも酵素ドリンクの選び方は次のことを押さえておきましょう!

酵素ドリンクは「何%以上のエキスが含まれていなければならない」という決まりはありません。
だからこそ酵素ドリンクと称されるものが多く出ていて、選び方には何を基準にしてよいか悩むのではないでしょうか。

選び方1:酵素ドリンクの原材料で選ぶ

原材料に「○○糖液」と書かれているもの、これは糖液で薄めたものです。
中には糖液で酵素エキスを数十倍に薄めたものもありますので、注意が必要です。

これは今、売れているある酵素ドリンクの原料です。

野草発酵エキス(ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、朝鮮ニンジン、ハト麦、オトギリソウ、クマザサ、たんぽぽの根、ケツメイシ、レイシ、アマチャズル、ハブ草、トチュウ葉、シャゼン草、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、アマドコロ、ツユクサ、ツルナ、・・・・)

という様に○○エキス(材料名)が書かれている場合も酵素のエキスを入れてあるだけです。しかもどの位入れているのかはわかりません。

選び方2:添加物・香料などがの添加物の有無で選ぶ

酵素ドリンクの選び方、家族みんなが飲むものだから酵素ドリンクは発酵食品です。だから、常温でも腐ることはありません。
だからわざわざ保存料、安定剤を入れる必要はないわけです。

本来は野菜のうまみで充分であるにもかかわらず、なぜか味を良くするために香料を使ったり、着色料を使ったりしている酵素ドリンクさえあります。

小さなお子さんから年配の方まで安心して飲んでいただけることが大切です。

選び方4:味で選ぶ(選び方の中では重視したいですね)

いくらその酵素ドリンクの原料が良くても味が悪いと飲めませんよね。

酵素ドリンクの選び方、美味しくなければ続けることができませんCMのコマーシャルでも有名な滋養強壮ドリンク○○〇がありますが、これが美味しいという人にお目にかかったことはありません。
でも、からだに良いものだから、薬だと思って飲んでいる人もいます。

酵素ドリンクは薬ではありません。だからまずいものは飲みたくないですよね。

これらの点からおすすめの酵素を検証してみたいと思います。
優光泉」「ベルタ酵素」「毎日酵素」、私が選んだベスト3の酵素ドリンクです。

酵素ドリンクの選び方に悩んだら、効果が期待されるこちらがおすすめ

健康とダイエットを手にいれるなら優光泉
原料は↓↓

酵素ドリンクの選び方、成分も大事です大根、キャベツ、ニンジン、トマト、きゅうり、じゃがいも、さつまいも、パイナップル、 里芋、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、昆布、レモン、リンゴ、山芋、 生姜、パパイヤ、スイカ、メロン、あんず、もも、いちじく、キダチアロエ、スギナ、ヨモギ、菜の花、あけび、かりん、イチゴ、しいたけ、まくわうり、とう がん、せり、みつば、もやし、クマザサ、ぶどう、ぐみ、キュウイ、梅、びわ、きんかん、つわぶき、柿の葉、しそ葉、米、大豆、小豆、はとむぎ、粟、キビ、 松葉、杉葉、桧葉、松樹液、杉樹液、桧樹液、すもも、わかめ

酵素ドリンクの選び方、こんなに栄養がたっぷり野菜、果物の名前がズラッと書かれていますね。これはその材料、そのものから抽出した100%エキスということになります。

優光泉は厳選された九州野菜を中心に60種類の材料を熟成発酵させて作られたこだわりの酵素ドリンクです。しかもその量はコップ1杯でバケツ1杯分の栄養が摂れます。

添加物は
匂いが気になる人もいますが、これは香料や保存料を全く使っていない完全無添加の酵素ドリンクだからです。

そして味は
口コミを見ると、まずいとか、漬物臭いとか書かれているので、私も取り寄せるのを躊躇しました。

酵素ドリンクの選び方、ポイントを掴みましょう返金制度があるからと注文しちゃいました♪
そして、我が家に「スタンダード味」と「梅味」が届きました。炭酸水付だったので、炭酸割にして飲んでみました。

まずはスタンダード味、エッ!どこがまずいの、正直な感想です。私はあまり好き嫌いがないからかもしれないと一歩譲って、でも、甘さも甘すぎず、といってまずいわけではなく、炭酸のさわやかさも関係しているのかわかりませんが、ゴクゴク飲んでしまいました。

酵素ドリンクの選び方もう一本の「梅味」、私はこちらの方が好みかもしれません。ちょっぴり濃厚な梅ジュースといった感じです。それほど、酸っぱみもなく、誰でも飲めるのではないでしょうか。

口こみも選び方の一つからもしれませんが、それも人それぞれです。もし、試せるのであれば、自分の舌で試してみるのも良いかもしれませんね。

何よりも優光泉の良いところは返金制度があるということです。
味覚は人それぞれによって違います。時にはまずいと感じる人もいるかもしれません。だからこそ全額返金保証があると安心して頼むことができます。これも酵素の選び方のポイントになりますね。

↑ PAGE TOP

美しくダイエットしたければベルタ酵素
酵素ドリンクというとベルタ酵素という人がいるくらいに知名度が上がってきています。

原料は↓↓

プラセンタ、ヒアルロン酸、ザクロ、 キダチアロエ、ドクダミ、ハチミツ、高麗人参、ウメ、酵素ドリンクの選び方、成分も大切アマチャズル、アマドコロ、オオバコ、オトギリソウ、カンゾウ、クマザサ、タンポポの根、ツユクサ、 ツルナ、トチュウ葉、ハト麦、ハブ草、マツ葉、ヤマイモ、レイシ、アカメガシワ、タマネギ外皮、サラシア、イチジクの葉、イチョウ葉、エゾウコギ、カキの 葉、カミツレ、カリン、キキョウ根、キンカン、クコの実、クコ葉、クワ葉、シソ葉、ショウガ、エビス草、エンメイソウ、センシンレン、スギナ、セッコツボ ク、トウガラシ、ナツメ、ニンドウ、ビワ葉、ベニバナ、ミカンの皮、メグスリの木、モモの葉、モロヘイヤ、ラカンカ、レンセンソウ、田七人参、アンズ、イ チジク、グレープフルーツ、パイナップル、ブドウ、ミカン、メロン、リンゴ、レモン、コンブ、シイタケ、フノリ、キャベツ、ゴボウ、タマネギ、ニンジン、 ニンニク、パセリ、モヤシ、ラッキョウ、アムラの実、イチイの実、イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥシー、キャッツクロー、ハッショウマメ、ムイラプア マ(地上部)、ルイボス、紅参、ウコン、ナンテンの葉、昆布、わかめ、のり、ローズマリー、カツアバ、カルケージャ、紫イペ、スギナ、シャペウ・デ・コウ ロ、パタ・デ・ヴァカ、パフィア、レモングラス、アニス、マテ、ステビア、ガラナ、パッションフラワー、ぺトラ・ウメ・カー、キャッツクロー、シナモン、 ショウガ、ハトムギ、ヤーコン(葉)、アマチャズル、グローブ、ガジュツ、マカ、レンコン、ごぼう、玄米、オートミール、とうもろこし、大麦、えんどう 豆、小豆、ジャロ・フェイジョン豆、紫フェイジョン豆、胡麻、ミレット、大豆、丸小麦、ライ麦、黒フェイジョン豆、エジプト豆、レンズ豆、オレンジ、パイ ナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、メロン、アボガド、ドライプルーン、アセロラ、レモン、レーズン、マンゴー、スターフルーツ、スイカ、カ シューナッツ、パラナッツ、クビュー、キウイフルーツ、洋なし、クプアス、アサイー、アラサボイ、ジェニパブ、グラビオーラ、タペレバ、カムカム、じゃが いも、カボチャ、キャッサバ、トマト、コウベマンテイガ、ピーマン、赤カブ、ヤーコン、アボボラ、 果糖ブドウ糖液糖、イソマルトオリゴ糖、水溶性食物繊維、植物発酵抽出物、エリスリトール、リンゴ果汁、クエン酸、増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)、ユッカ抽出物、香料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)

最初に書かれているのが、プラセンタ、ヒアルロン酸、ザクロ、といった美容成分です。
これは女性の人にとっては嬉しいことだと思います。

健康のために飲む酵素ドリンクに美容成分が配合されているから。そして多くの材料が入っていることにも注目したいですね。
健康オタクの私にとって「田七人参」が目にとまりました。
これは血糖値を下げたり、女性の更年期症状を抑えたりする成分です。
美容と健康について考えられているかがわかります。

酵素ドリンクの選び方として、プラスαの効果があるかもチェックしたいですね。(ちょっと贅沢かな?)

添加物はあります。でも・・・
増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)、香料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル) が含まれています。

増粘剤はジャム、フルーツソースなどに使用されるもので、液体の粘性を高めるものです。 さらに、整腸作用もあり、下痢や便秘を予防する効果もあります。


保存料の安息香酸ナトリウムは清涼飲料水、醤油などに使われています。
このようなものは一般的な食品にも使われていて、健康を害するものでもありません。品質保持のために最低限使われているものです。

味は
こちらはピーチ味でとても美味しいです。
香料で酵素独特の臭みを消しているので、ニオイを苦にすることはありません。
酵素ドリンクの選び方、味も大切です原液で飲んでみましたが、美味しかったです。最初はケチって6倍くらいに薄めたら、やはり薄かったです。

次に3倍に薄めて飲んでみたところ、ジュース感覚で飲むことができます。
夏は炭酸水で割って飲むと、さわやかな感じでいくらでも飲めそうです。

飲みすぎを防ぐために、500mlのペットボトルに入れて、これが1日分と決めて飲みました。

ベルタ酵素の強みはサポートセンターです。
これはベルタ社員の人が話していたのですが、サポートセンターの人たちはすべてベルタ酵素の会社社員です。

しかも自腹でベルタ酵素を飲んでいるので、その効果も把握しています。
疑問に思ったことは何でも相談できるのが、信用に結びついています。

私は「優光泉」と「ベルタ酵素」を試しに飲みました。その結果、お通じが良くなりました。
便秘解消ですね。これからも酵素ドリンクを飲んでいこうと思っていますが、選び方に迷っています。

この両方は甲乙つけがたいので、やっぱり味かな?

↑ PAGE TOP

飲むエステと言われている毎日酵素
こちらはまだ試していないので、色々調べてみたことを配信していきます。

原料&添加物&味

ココナツ、糖蜜、ニンニク、胡椒、無花果、松の実、バナナ、リンゴ、わかめ、もずく、カブ、メシマコブ、さるのこしかけ、あけび、ヤマモモ、ルチン

発酵させるためには糖分が必要とされます。
酵素ドリンクの選び方、味も大切ですしかし、この毎日酵素に含まれているココナツ液は24時間以内に発酵しはじめるという特徴をもっているため、糖分は必要ありません。

原材料も少ないのはココナツの力で発酵が促されるので、厳選された16種類の材料だけで十分に酵素ドリンクができるからです。

匂いも甘い香りというより、深みのある香りで、味も甘味があって美味しいと評判です。
栄養価の高いココナツがベースになっているので、からだの中からキレイになることができると言われています。

いかがでしょうか?
生きるために必要な酵素、その酵素の材料作りのために酵素ドリンクを取り入れてみてはいかがでしょうか?

酵素ドリンクの選び方は味、成分など色々だと思います。効果がある酵素ドリンクを見つけて下さい。

↑ PAGE TOP